ヒプノセラピストのつぶやき

エトセトラ2017年2月9日

AさんとBさんで説明してみましょう。

どこかの過去世で、BさんがAさんに対して、物凄く申し訳ない負のカルマを作ったとしましょう。

 

魂の時、輪廻する前に、それを解消すると決めたAさんとBさんがいます。

現世に生まれると一旦忘れるのですが、魂が決めて来た事は絶対に解消するようになっているので、どこかの人生で絡んで来るようになります。

 

親子だったり兄弟だったり友達だったり等など、パターンは色々ありますが、ともかくBさんはAさんに対して、何か分からないけど尽くさねばと思うのです。

 

例えばBさんはAさんに対してカルマの借金が、80あるとします。

その80を返そうと頑張るわけです。

そしてやっと借金を返し終わったBさん。

ここで綺麗に終われば問題は無いのですが、して貰うことが当たり前になってしまったAさんは、して貰うことを要求し続けます。

そして、Aさんに対して「してあげねばならない」と思い込んでるBさんは、やり続けようとする訳です。

 

借金がプラスマイナス「0」になった時、もうBさんとAさんの間には、それに関してのカルマは無いのです。

そこから不必要に要求し続けるAさんは、別の負のカルマを作ります。

 

もう十分尽くした、これ以上はもう無理だ、どんどん相手の要求がエスカレートする等など、「0」になった時、自分自身の中で何か微かな変化があると私は思います。

 

せっかく負のカルマが「0」になったのに、そこから新たな借金を作るのは本当に残念だなと思います。

 

全てはバランスです。

バランスが悪いなと感じたら、きっと修正する時期だと私は思います。

全ての出来事は、自分が軸をしっかりと持って行動をすると、ブレが少なくて済みます。

相手では無くて、自分がどんな行動を取るのかがポイントになるのです。

記事一覧