ヒプノセラピストのつぶやき

エトセトラ2017年1月21日
催眠でもタロットリーディングでもカウンセリングでも、セッションで心掛けているのは、終わった後に「セッションを受けて良かった!」と思って貰う事です。
 
 
元気が出た、勇気が出た、希望が湧いた、進む方向が見えた等など、色んな嬉しい言葉を貰える事です。
 
セッションを受けた方が喜んでくれると、私はその何倍も嬉しいのです。
特に、来た時と帰る時のエネルギーが全然違うクライアントさんを見ると、心の中で「やった!!!」ってガッツポーズをします。
 
これがセラピストの「醍醐味」だと私は思います。
 
沢山のセラピストさんがいます。
その中で私を選んで来てくれたのは、ご縁があるからです。
だから私もクライアントさんに必要なモノを渡すと言うことを、毎回心がけています。
もちろん、かなり難しい問題を抱えてるクライアントさんもいます。
出口の見えない真っ暗なトンネルの中で、身動き出来ない状態で居るクライアントさんもいます。
その現状を何とか打破したいと、セッションに足を運んでくれたので、一つ一つのセッションを大切に大切に取り組みます。
どの出会いも私にとっては、大切な宝物だと思っています。
記事一覧